AESUB(アエザブ) blue Spray 検証

AESUB(アエザブ) blue Spray

https://aesub.com/products

スキャン用スプレーの使用検証です。

スプレー処理を行うことでレーザースキャナ、ストラクチャスキャナの苦手な、透明物、鏡面反射物、黒いマテリアルのスキャンが行なえます。

 

こちらは国内では唯一正規で購入可能な自然蒸発タイプのスキャン用スプレーです。※蒸発タイプとして購入可能な

また残留物ゼロを売りにしており、スプレーを吹いた対象のクリーニング作業が不要なため非常に使い勝手の良いスプレーとなっています。

スプレー塗布後は数秒で白くなり、1時間~4時間程で完全に蒸発して消えます。※気温や対象の表面温度による。

 

 

残留物ゼロを証明するデータシートも公開されており

残留物検査の証明書 PDF:https://aesub.com/fileadmin/aesub.de/downloads/Residue_analysis_AESUB_blue.pdf

安全データシートPDF:https://aesub.com/fileadmin/aesub.de/downloads/JP_aesub-blue_safety-data-sheet_2019-04-20.pdf

上記PDFの多言語含めたダウンロードページ https://aesub.com/download

データシートの成分構成を見るとすべて常温揮発性の成分であることがわかります。エタノール等含まれるため文化財等への使用は注意が必要そうです

また引火性の強い成分が含まれるため火の気には注意が必要です。

噴射時のガス自体は人体に良くないため換気は必須となります。また独特の臭気もあります。

 

弊社での使用テスト

ということでカメラに吹いてArtec Space Spiderでスキャンを行ってみました。分かっていても少しためらってしまいます。

 

今までであればスキャンの難しかった透明なレンズ部分や、鏡面反射のあるパーツ、黒い表面もノイズが出やすくキレイに出にくい部分が非常にキレイにスキャン出来ています。

ベビーパウダーや現像液では隙間に入ったりして除去が難しいため使用できなかった対象への利用も問題がありません。

常温で蒸発していく為、手で触ると蒸発が早まり薄くなります。吹き直して撮ることでよりキレイにスキャンが行なえます。

吹いた表面は少しベタつきを感じますが蒸発後はほんとに何もなかったかのようにキレイに消えます。

今回、テクスチャ処理は行っていませんが吹いてない状態でカラー用のスキャンを行い組み合わせることでカラーのテクスチャ処理もある程度対応可能です。

 

弊社ではベビーパウダーや現像液、スプレーチョークなどの表面処理剤も所有していますので必要に応じて使い分けたいと思います。

基本的に依頼頂いたスキャンでは事前に使用の確認等を取らせていただき、問題ない場合のみ使用させていただきます。使用できない場合、欠損等が生じる旨をお伝えさせて頂きます。

 

フォトグラメトリでの使用

先にTwitterに投稿した際、フォトグラメトリに使用ができるか?というコメントをいくつか見かけました。

揮発性のため時間経過とともに薄くなっていくので時間のかかるスキャンには向かないでしょう。また吹くことで表面のシェーディングがフラットになり、フォトグラメトリで必要な特徴点の検出が行えなくことも考えられます。 厚塗りすることで蒸発時間は少し長くなり、ムラ吹きすれば特徴点の問題もある程度回避できるかもしれません。

 

 

購入

正規の国内代理店は記事執筆時点で以下の2社のみでです。

Hexagon Manufacturing Intelligence

株式会社システムクリエイト

システムクリエイトさんではYahooショッピングでの販売をされており。本国価格とあまり変わらない価格で購入可能となっています。スクリーンショットの価格は記事執筆時点でのもの。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/systemcreate-pro/a5b9a5ada5.html