特徴
  • 凹凸1cm程度までの平面素材に対応し、Physical-Based Shaderに準拠したテクスチャを納品
  • Physical-Based Shaderに準拠のため多くのレンダラー同じ適切なルックを再現可能
  • Nomralマップ生成は光源計測によるPhotometric Stereo技術を利用。専用処理にて濃淡・色差が激しい素材でも適切なNormal情報が取得できます。Substance DesignerやxNormalのような輝度変換より高い精度のNormal
  • 反射、スペキュラーの無い適切なAlbedoマップ撮影
  • 弊社独自手法による撮影素材からのRoughnessマップ作成で画像変換より高精度なマップ作成
  • 博物館・美術館などで利用されている高演色LED(CRI/Ra:95-97)を利用
  • 適切な撮影・現像処理によりAlbedoは高い色精度を保証
  • オプションでの高精度のDisplacementマップ作成
  • 定規を撮影したリファレンス画像を一緒に納品しますので適切なスケール調整ができます
  • 新規作成のモバイルタイプにより出張スキャンのご相談も可能
  • 布や和紙、葉っぱ等の透過色/透過マスクの撮影も相談可

 

利用想定
  • テクスチャ・シェーダーライブラリの構築として ※納品は基本テクスチャのみです。
  • テクスチャペイントやスカルプトのブラシテクスチャとして
  • Substance Designerで再現のための適切なリファレンスとして
  • 美術品等の調査や計測として
  • 寄り対応のための高精細テクスチャとして

 

カメラ据え置き:Nikon D800
モバイル:Nikon D7100
対応高低差最大1cm~最小0.01mmの高低差までに対応
最少撮影範囲40:40mm - (縦:横)あたり4Kx4K Pixel
最大撮影範囲400:400mm - (縦:横)あたり4Kx4K Pixel※モバイルタイプは200:200mm
生成テクスチャ種類Albedo/Normal/Gloss/Reflect/Roughness
オプション:Displacements/Translucent/Mask
納品テクスチャフォーマット16bit-Tiff/PNG/OpenEXR
オプション1タイリング化
オプション2高精度Displacements Map作成、透過(Translucent)物撮影
オプション3出張スキャン
必要日数10点あたり2~3日ほどで撮影~納品完了
納品形態生成テクスチャ+撮影時環境のカラーチャート+スケール画像

 

スキャンの流れ

  1. お見積り、スキャン対象物の詳細を伺い、1点毎の計算になります。
  2. スキャニング、対象のお預かり、またはお伺いしてのスキャン。
  3. テクスチャ処理
  4. 納品/特に指定がない場合はGoogleDriveでのURL提出

 

注意事項

  • 構造色、透明物、プラスチックなどの透過物、液体、光を吸収するものは適切にスキャンが出来ません。
  • 高額品、壊れ物等に関してはお断りさせていただく場合があります。
  • 精度の落ちる物>光沢、反射の強いもの、黒に近いもの、異方性反射のあるもの
  • 深い穴、斜めに空いた深い穴、傷等は採用しているスキャナの特性上正確にスキャン出来ません。
  • 著作権物等のスキャンによる権利問題には一切責任を負えませんので事前にご確認ください。

発注の流れ

  1. Contactのフォームよりお問い合わせください。その際は以下の点についてお知らせいただけると以後スムーズです。
    1. テクスチャ・3DScanどちらか
    2. スキャニング対象物についての詳細・概要
    3. 点数
    4. その他にありましたらお知らせください。
  2. 届いた内容に合わせて1~2営業日程で担当者より返信いたします。
  3. 必要に応じて業務委託契約・守秘義務契約の締結、お見積り。
  4. 発注を頂き、対象物の受け取り、または出張でのスキャニング。
  5. データ処理、対象に応じて1日~5日営業日程度 ※事前に想定作業日数をお伝えいたします。
  6. 特に指定がない場合弊社Googleドライブにてデータの納品を行います。
  7. 納品後検品いただき次第で請求書をお送りしますので指定口座へお支払いください。

※その他ご相談がございましたら、Contactのフォームよりご連絡ください。